フェイスラインの引き上げ

ギョロっとした目

ほうれい線は口の両側にできるものですが、30代以降では表情じわとたるみの両方で問題となってきます。たるみを引き上げるリフトアップ手術でも、顔の中心部分に近いほうれい線のしわやたるみを解消することが難しい場合があります。また30代などの若さでリフトアップ手術を受けることも抵抗が大きい人の方が多いと思われます。 ヒアルロン酸注射でほうれい線をふっくらとさせるとしわやたるみが解消されます。美容外科や美容皮膚科、最近では審美歯科などでもヒアルロン酸注射が行われています。 リフトアップ手術をしても、ほうれい線にはヒアルロン酸注射をするということがあるほど、ほうれい線を消すのは難しいことです。美容外科や美容皮膚科でヒアルロン酸注射を受けることで、ほうれい線をふっくらとさせ、しわやたるみを解消できます。

プチ整形とよばれる言葉がブームとなり、整形にも抵抗感が少なくなっています。ヒアルロン酸注射やボトックス注射は、注射するだけなので、整形という言葉が大げさに聞こえるほど手軽なものです。手軽ではありますが、効果が高いことが人気の理由です。ほうれい線の表情じわやたるみがあると、確実に老けて見られます。また元気のない印象を与えたり、何か不満げな顔に見えてしまう危険もあります。 ほうれい線にヒアルロン酸注射をすると、ほうれい線の部分がふっくらするだけではなく、顔の下半分の印象が良くなります。元気で若々しい印象になります。 ヒアルロン酸は医療現場で使われており、安全性は確かです。しかも、ヒアルロン酸注射は半年から1年に1回程度で十分に効果が得られます。手軽に顔を若返らせることのできる施術です。